GoTo再開「当面難しい」加藤氏、地域限定の支援検討

[PR]

 全国で停止している観光支援策「Go To トラベル」をめぐり、加藤勝信官房長官は19日午前の記者会見で、「感染状況の落ち着いた地域に応じて、観光需要喚起の取り組みを感染拡大させることなく実施していくということは重要だ」と述べ、地域を限定した観光支援策を検討していく考えを示した。

 トラベル事業は新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年12月下旬から全国で停止されている。全面的な再開について加藤氏は、「引き続き感染状況を注視していく必要があり、トラベル事業の再開は当面難しい」と述べた。

 一方、「コロナ禍が長引く中で、特に観光関連事業者は大変な打撃を受けている」とした上で、感染状況が落ち着いている地域では、自治体が宿泊割引をするなど独自の支援策が行われていると説明。「県単位で行われている取り組みに対し、どのような支援が必要なのか。国土交通省で各都道府県の実情もよく聞き、観光需要喚起のあり方の具体的な検討がなされていく」と述べた。