脚本は「終わりのない仕事」 小松江里子さん励ますペン

有料会員記事

文・加藤修、写真・北村玲奈
[PR]

 「朝ドラ」や「大河」からコメディータッチのホームドラマまで、脚本家・小松江里子さんは記憶に残る多くの作品を生み出してきた。脚本を書く上で欠かせず、もう一歩先へ進む勇気をくれるという愛用の万年筆(ローラーボール)について話してもらった。

 このペンはイタリアの老舗モンテグラッパの万年筆です。ほどよい重量感があって、流れるように書けるのに、字が崩れない。仕事場の机にはいつもこのペンを置き、思いついたアイデアやセリフをメモしています。虹色の柄なので、その日の気分に合わせて目に入る色を変え、仕事に向かう気持ちを高めています。

 イタリアに旅行した友だちが6、7年前にプレゼントしてくれたもので、このペンには「成功と希望」という名前がついているそうです。NHKで「どんど晴れ」や「天地人」の脚本といった大きな仕事を手がけた後だったので、次の一歩を踏み出して、と「成功と希望」に励まされたような気がしました。

 脚本を書くのは、楽しいけれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら