米、ワクチン1億回見通し 他国にも融通、中ロに対抗へ

有料会員記事

ワシントン=香取啓介
[PR]

 米国での新型コロナウイルスのワクチン接種が19日にも1億回を超える見通しとなった。今後は「ワクチン外交」にも乗り出す。ホワイトハウスのサキ報道官が18日、メキシコカナダに計400万回分のワクチンを融通することを明らかにした。

 バイデン政権は就任後100日間で1億回のワクチン接種を昨年12月に目標として掲げたが、就任後59日目に前倒しで達成されることになる。全米国民への接種の見通しがついたことで、積極的に「ワクチン外交」を行う中ロに対抗する。

 サキ氏によると、英アストラゼネカ製のワクチン250万回分をメキシコに、150万回分をカナダに「貸与」する計画を協議しているという。

 同社のワクチンはメキシコ

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら