東京都で新たに303人の感染確認 週平均では増加傾向

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに303人確認されたと発表した。1週間前の12日の304人より1人減ったが、19日までの1週間平均の感染者は297・0人で、前週比は108・6%と増加傾向が続いている。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は前日から2人増えて46人だった。

 都は緊急事態宣言が解除される21日までに、医療提供体制の状況を示す指標を「ステージ2(感染漸増)」の水準まで下げることを目標としている。達成には、入院や自宅・宿泊療養などを含む全療養者数(19日時点で2819人)を2088人に、入院患者数(同1318人)を1261人にする必要がある。国基準での重症者数(同252人)は、目標の255人に達している。

 感染者303人を年代別でみると、20代が67人で最多で、30代の49人、40代と50代が38人と続いた。65歳以上の高齢者は60人だった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]