中田英寿が語った旅と人生 たどりついた日本酒ビジネス

有料会員記事

吉田美智子
[PR]

 元サッカー日本代表として、W杯3大会連続出場に貢献した中田英寿さん(44)。現役時代、「孤高の人」とも言われた彼は引退後、世界と日本国内をめぐって、日本酒の蔵元や伝統工芸の作家らと信頼関係を築き、現在は伝統産業の「改革者」として活躍しています。その中田さんにとって、仕事とは、旅とは、人生とは――。中田さんがその信念を語ります。

写真・図版
蔵元が持参した純米吟醸の利き酒をする。「昨日、今日でなく、長い時間をかけてやり、自分が成長を感じられた瞬間に、人間って、幸せを感じるものだと思う」=東京都港区、長島一浩撮影

旅に出た理由は

 ――引退後、なぜ旅に?

 サッカーが仕事になったのは、子どもの頃から好きなことをやり続けた結果でした。やめた後、次にやることを決めるために、好きなことを探さなければならない。そのためには、自分が何に興味があり、何をやりたいのかを知る必要がある。それまで海外に行っても、ホテルとスタジアムの往復だけということが多かったので、まずは海外を旅することにしました。

 これまで100カ国以上行きましたが、偏見を持たず、色んな角度で物を見るよう心がけた。それが僕にとっては、肌感覚を持つ、世界を知ることにつながると考えたからです。

 途上国といわれるような地域には、インフラが整っていないからこそ、色んな工夫や仕組みがあり、独自の発展がある。興味深く感じました。

 ――それから、47都道府県をめぐる旅へ。

 海外では自分は日本人として扱われ、日本のことを度々聞かれる。その中で、日本のこと、日本文化をもっと知らなければならないと感じました。「文化」の定義を考えたとき、人々の一定期間続く、一定の行動で、それを細かく切ると、日々の生活になる。食べたり、飲んだり、つくったりすること。それが長い年月続けば、伝統産業に発展する。毎日の生活の積み重ね、つまり、地域で長く続く生活習慣、伝統産業こそが文化になるということでした。

 そして、そういう情報はオンラインにはなかなか出てこず、現地に行かなければ分からない。それこそが価値なのではないかと思い、2009年に、南から北へ旅を始めました。

 ――理屈から入って、手法を決めていくんですね。

 考えているようだけど、実はそうでもなくて、それを決めている時には感覚で、あとで振り返って、結果、そうだったということが多いです。だから、僕は自分の感覚をすごく大切にしています。ただ、感覚も訓練しないと養われないと思っている。

 ――子どもの頃からそうでした?

 頑固で、自分の意見を持って…

この記事は有料会員記事です。残り2202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら