宣言解除、専門家の反対はゼロ 尾身会長も驚いた議論

新型コロナウイルス

[PR]

 緊急事態宣言を4都県で解除するにあたり、政府が意見を求めた諮問委員会の尾身茂会長は、専門家の間で交わされた議論の一端を紹介した。尾身氏も意外な中身だったようだ。

 「私も『えっ』と思ったが、反対をする人がいるかと思ったが、解除に反対する人は1人もいなかった」

 日本維新の会片山虎之助共同代表の質問に対し、こう切り出した尾身氏。同時に「ほぼ全員が、解除は今回致し方ないが、リバウンド(感染再拡大)が起こる可能性が極めて大きいので、強い対策を国、自治体に取ってほしいという気持ちが非常にクリアだった」と説明した。

 菅義偉首相は18日の記者会見で、飲食を通じた感染の防止策継続など5本柱のリバウンド防止策を発表した。これについて、尾身氏は「しっかりと実行するのは、そう簡単ではないと思う」と指摘。「国と自治体が今まで以上に汗をかく局面になっている。政治家、国、自治体のリーダーによろしくお願いしたいというのが、昨日の諮問委員会の総意だった」と述べた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]