明徳義塾エース、痛恨の1失点 「実力不足、制球磨く」

[PR]

(19日、選抜高校野球 仙台育英1―0明徳義塾)

 明徳義塾のエース左腕の代木は10安打を許しながら1点に抑えた。しかし、その1点で負けた。二回、内野安打と悪送球で二塁走者を背負った。得意のカットボールが甘く入って適時打を浴びた。「野手のミスをカバーできなかった。まだまだだと感じました。実力不足。もう一度、制球を磨きたい」