「日韓に聞いた話と違う」 米中外交、冒頭から批判合戦

有料会員記事

[PR]

 バイデン米政権下で初めて、米中の外交トップによる会談が18日、米アラスカで開かれた。冒頭発言から両国が激しい批判合戦を繰り広げる異例の展開になり、トランプ前政権から続く両国間の亀裂を再び際立たせた。

 以下は、冒頭発言の要旨。(発言は米国務省の発表に基づく)

ブリンケン米国務長官

 バイデン政権は、米国の利益の促進と、ルールに基づいた国際秩序を強化する外交を主導していくことに全力を注ぐ。

 ルールに基づいた国際秩序は抽象的な概念ではない。各国が平和的に違いを解決し、多国間の努力を効果的に調整し、誰もが同じルールに従うことを保証して国際的な商取引に参加することを助けるものだ。ルールに基づいた秩序の代わりにあるのは、勝者が総取りするような世界であり、それは世界のすべての人々にとって暴力的で不安定な世界となるだろう。きょうの会談は、中国がバイデン政権の意図と手法をよりよく理解できるよう、内外の主要な優先事項について議論する機会だ。

 新疆ウイグル自治区、香港、台湾、米国へのサイバー攻撃、米国の同盟国に対する経済的な威圧、こういった中国の行動に対する深い懸念についても議論する。

 米中関係はそうあるべきとこ…

この記事は有料会員記事です。残り996文字有料会員になると続きをお読みいただけます。