独自

豪雨もたらす線状降水帯を予測 気象庁、今夏から発表へ

有料会員記事

竹野内崇宏

写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 昨夏の熊本豪雨など、積乱雲が次々と発生して激しい水害をもたらした線状降水帯について、気象庁が今夏から九州で発生の予測を始める。豪雨の危険性が高まった場合には事前に発表する方針で、危険性を少しでも早く伝えて避難時間の確保につなげたい考えだ。この予測のため、観測船を東シナ海に今年の梅雨時期から派遣して観測態勢を拡充する。

 線状降水帯は、水蒸気を大量に含んだ空気によって数十~数百キロに及ぶ積乱雲の列ができ、風の通り道となった地域に積乱雲がかかり続けて激しい雨が降る現象。気象庁はレーダーで降水量を監視しているが、線状降水帯の予測は難しく、昨夏の熊本豪雨でも半日前に予測できた3時間雨量は最大128ミリで、実際の約330ミリとは大きく違った。

 これは、予測に欠かせない風上の水蒸気量のデータがほとんどないためだ。特に九州は、風上が東シナ海など海上のことが多く、観測が手薄になっていた。

 そこで、気象庁気象研究所は昨夏、観測船「凌風丸」を鹿児島県の西約400キロの東シナ海上に派遣。熊本豪雨が発生した際にも水蒸気量などを試験観測した。予測には使えなかったが、帰港後に再計算したところ、3時間雨量の予報は202ミリとなり、実際の雨量に近くなった。豪雨が予測された地域も、当時の予測はかなり東だったのが、熊本県南部に近づいた。

 気象庁は海上観測が有効だと判断。今年の梅雨の時期以降、線状降水帯が多発する九州で先行的に予測することを目指し、まずは観測船2船を東シナ海などに長期間派遣することを決めた。2月に立ち上げた線状降水帯予測の専門家会議で船の派遣地点を議論している。観測データはリアルタイムに伝送し、予測に生かす。

 やはり線状降水帯が多発した2018年の西日本豪雨では、気象庁が衛星観測などで把握できた大まかな水蒸気量などをもとに事前に豪雨を予測し、前日に会見を開いて警戒を呼びかけることができた。こうした例を参考に、九州で豪雨をもたらしそうな線状降水帯の発生が予測できれば、事前に発表する方針だ。

 気象庁は2022年から、線…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。