米中会談終わる 「香港や新疆、サイバー攻撃など対立」

有料会員記事

ワシントン=大島隆、北京=冨名腰隆
[PR]

 米アラスカ州アンカレジで開かれていた米中外交トップによる会談が19日に終了した。ブリンケン米国務長官は、香港の民主主義や少数民族の人権問題、台湾、サイバー攻撃などの分野で双方の主張が対立したことを明らかにした。一方で、気候変動などの分野での協力も話し合ったと述べた。中国側は有益な対話だったと評価しつつ、依然として意見の相違があるとし、主権や領土の権利は断固守ると強調した。

 18日から19日にかけて開かれた会談には、米側からブリンケン国務長官とサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が、中国側から楊潔篪(ヤン・チエチー)共産党政治局員、王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が出席した。

 ブリンケン氏は会談終了後に記者団に対して、米側が懸念を伝え、双方の主張が対立した分野の例として「中国の新疆における行動、香港、チベット、台湾、サイバー空間での行動」を挙げた。

 一方でブリンケン氏は「幅広い議題で率直なやりとりもあった」と述べ、イランや北朝鮮の核問題、アフガニスタン情勢、気候変動問題など「利害が共通する」課題を挙げた。

 貿易や先端技術などの問題については「我々は議会や同盟国とも協議しながら、対応を検討している段階だと伝えた」と述べ、中国側が求める制裁関税の撤廃などについて具体的な交渉には踏み込まなかったことを明らかにした。

 ブリンケン氏は「今回の会談…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。