バイデン氏「沈黙は共犯」 銃撃起きたアトランタで演説

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米南部ジョージア州アトランタ周辺のマッサージ店への銃撃でアジア系女性6人を含む8人が死亡した事件に関連し、バイデン米大統領は19日、事件の起きた地元を訪問して演説した。バイデン氏は米国内でアジア系市民を標的にしたヘイトクラム(憎悪犯罪)が「急増している」と指摘。「沈黙は共犯だ。我々は行動しなければいけない」と呼びかけ、アジア系市民に対するヘイトクライムの根絶を訴えた。

 バイデン氏のアトランタ訪問は元々、コロナ危機に対応する追加経済対策法の成立をアピールする地方行脚の一環として企画された。しかし、16日に銃撃事件が起きたことで支持者を集めた集会は急きょ中止され、地元のアジア系市民のリーダーらと会談した。

 バイデン氏は会談後に演説し、「(容疑者の)動機はどうであれ、多くのアジア系米国人は通りを歩くことを不安に感じながら、毎朝目を覚ましている」と指摘。「彼らは攻撃され、非難され、スケープゴートにされ、嫌がらせを受けている。彼らは言葉で心理的に攻撃され、殺されている」と語り、アジア系市民を標的にしたヘイトクライムの急増を非難した。

 米国の人権団体「ストップ・…

この記事は有料会員記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら