天理が先制、七回に突き放す 宮崎商・日高、粘投及ばず

[PR]

(20日、選抜高校野球 天理7―1宮崎商)

 天理の達が6安打1失点完投。長身からの直球と角度のある変化球で10三振を奪った。攻めては二回に木下、達の適時打で先制し、七回に突き放した。宮崎商の日高も変化球を駆使して粘投したが、七回にバックの乱れもあって4失点したのが悔やまれる。