桜名所・上野公園「せめて写真で花見気分」 宣言解除前

新型コロナウイルス

増山祐史
[PR]

 新型コロナウイルス対応で4都県に出ている緊急事態宣言の解除を目前に控えた週末の20日、桜の名所として知られる東京都立上野恩賜(おんし)公園(台東区)では、園内の通りを歩きながら写真を撮る人の姿が見られた。

 公園管理所によると、今年は感染防止のため、催しや縁日のほか、夜桜のライトアップは行わないという。また、ブルーシートを敷けないよう桜の木の周辺をネットで囲み、園内の大通りも片側一方通行に規制している。

 家族4人で訪れていた東京都の中村隆史さん(47)は「例年に比べて観光客も少ない気がする。花見ができない分、せめて写真で気分だけでも味わおうかと思います」と話した。

 園内にはソメイヨシノを中心に約800本の桜が植えられているが、多くは3~4分咲きで、25日ごろが見頃だという。(増山祐史)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]