DLやまぐち号運行開始 C57故障で今季はDLが牽引

藤牧幸一
[PR]

 ディーゼル機関車(DL)が牽引(けんいん)するJR山口線の観光列車、DLやまぐち号(新山口―津和野間)の運行が20日、始まった。新山口駅であった出発式には多くの人が集まり、ホームで写真を撮ったり手を振ったりしていた。

 山口市の中本楽(がく)ちゃん(4)は、運行日はほぼ毎回見に行くSLやまぐち号のファン。DLを見るのはこの日が初めてで、前夜はなかなか寝付けなかったという。「大きくて、DLもかっこよかった。乗るのが楽しみ」

 新山口駅の平原康久駅長は「DLは表舞台に立つことが少なく、貴重な機会。地域の方と一緒に盛り上げたい」と話した。

 SLやまぐち号を牽引する蒸気機関車のC57(愛称・貴婦人)が故障して修理していることなどから、今季は今のところ9月20日までは、SLではなくDLが牽引する。(藤牧幸一)