米中、埋めがたい溝露わ 外交トップ会談、進展なく終了

有料会員記事

ワシントン=大島隆、北京=冨名腰隆
[PR]

 米アラスカ州アンカレジで開かれていたバイデン米政権発足後初めての米中外交トップ会談が19日、2日間の日程を終えた。台湾や香港、ウイグル族などをめぐる問題で対立の根深さが鮮明になり、通商紛争でも進展はなかった。気候変動問題などでわずかに協力の余地を残したものの埋めがたい溝は多く、両大国の対立と国際秩序の動揺が続くことを強く印象づけた。

 米側はブリンケン国務長官とサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が、中国側は楊潔篪(ヤン・チエチー)共産党政治局員、王毅(ワンイー)国務委員兼外相が出席した。

 米国務省によると、ブリンケン氏は会談後、記者団に「根本的に対立する多くの分野があることが改めてわかった」と述べた。中国外務省によると、楊氏も記者団に「依然、重要な意見の相違がある」と認めた。

 ブリンケン氏は対立点として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら