「今度こそ五輪の可否が…」無念の夜、東京の次なる懸念

有料会員記事

軽部理人
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは海外からの観客を入れずに開くことが20日、正式に決まった。高度経済成長の礎を築く契機になった1964年の前回大会に重ね合わせ、経済効果を見込んで招致した東京都にとっては誤算となった。ただ、コロナ禍の出口が見えないなか、都関係者はさらなる不安を抱えている。

 「世界におけるコロナの感染状況を考えますと、安全安心を最優先させるという流れを確実にしていきたい。やむを得ない判断だ」

 政府、都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の5者会議で、海外客の受け入れ断念を決めた直後の20日夜。小池百合子都知事は、記者団にそう話した。

 だが、一方で悔しさも強くにじませた。

 「世界中から訪れる観光客や…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。