高速PAに初のドライブスルー 新名神・鈴鹿に開店

[PR]

 三重県鈴鹿市山本町の新名神高速道路鈴鹿パーキングエリアに20日、ドライブスルー形式の店「ピットストップ SUZUKA」が開店した。中日本高速道路によると、高速道路でのドライブスルー店は全国初の試みという。5月30日までの土日祝日に営業する。

 店は上り線にあり、幅4メートル、奥行き2メートルほどのプレハブ店舗。横付けして注文し、電子決済などで軽食や飲み物を受け取れる。初日は開店20分後くらいから断続的に車が立ち寄った。

 中日本高速によると、コロナ禍でパーキングエリアの店舗を避ける客もおり、安心して利用できる仕組みを考えたという。友人のSNSで開店を知り、やって来た津市の会社員竹本哲さん(39)は「駐車場が混んでいるけれど、飲み物だけはほしいとか、利用の仕方によっては便利そう」と話した。

 鈴鹿サーキットにちなんでタイヤの焼き印がある大判焼き「鈴鹿タイヤ焼き」やハンバーガー、焼きそば、コーヒー、コーラなど約20種類の軽食や飲み物を用意している。営業時間は午前10時~午後5時。