• アピタル

仙台市全域に時短要請 宮城県「まさに緊急事態」

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えようと、宮城県は21日、仙台市全域の接待を伴う飲食店などに営業時間の短縮を要請すると発表した。期間は25日夜から4月12日朝まで。午後9時から翌日午前5時まで営業しないよう求める。対象は約1万店で、18日間すべてに協力すれば1店あたり72万円の協力金を支給する。

 県内の感染者は3月に入ってから急増し、県は18日に県独自の緊急事態宣言を出し、4月11日まで県内全域で不要不急の外出を自粛するよう呼びかけていた。だが、20日の感染者数が過去最多の125人となり、仙台市内での感染が多いことから、今回の要請を決めた。県は2月初旬まで仙台市全域で同様の要請をしている。

 村井嘉浩知事は21日、郡和子仙台市長らと共同で会見し「まさに緊急事態の状況。重い判断ではあるが、感染に歯止めをかけるためにはやむを得ない」と話した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]