宇良―炎鵬 注目の一番、物言いつく熱戦に場内沸く

[PR]

 注目の一番が、東京・国技館を沸かせた。

 大相撲春場所8日目の21日、十両でともに小兵の人気力士、炎鵬(26)と宇良(28)が初対戦。最後までもつれる、期待通りの熱戦だった。

 「拍手の大きさが普段とは違うなと感じた」と宇良。両者が土俵に立つと、会場のボルテージが上がった。

 互いに低い立ち合い。中に潜り込もうとする炎鵬を、宇良が拒む。押しの攻防から、炎鵬の引き技をこらえた宇良が突進。苦しい体勢の炎鵬が、土俵際でいなす。炎鵬に続いて、宇良が土俵下に飛んだ。

 軍配は宇良。物言いがついたが、結果は変わらず。また、場内が大きく沸いた。

 宇良は、「(物言いの結果)もう1回(取り直し)になったら、気持ちが持たなかった。あそこで勝負が決まって良かった」と疲れ切った表情で振り返った。

 炎鵬とは学生時代に1度対戦したことがあるが、「あれから何年たったことか。参考になるものではない」。角界で初めて体をぶつけ合った炎鵬について、「あれだけ小さい体で正面から向かってきて、(大きな力士とは)違った意味で怖い。怖い雰囲気があった」と印象を語った。

 炎鵬は「完敗です。まだまだ強くならないと。まだまだだなという感じがします」。

 だが、入門前から憧れていた宇良と接戦を演じることはできた。

 「正直、相撲にならないんじゃないかと思ったんで、思ったより自分の力も多少通用するところがあった、それは収穫かな」と口にした。

 今後も対戦が期待されるカード。炎鵬は「もう一つ上(幕内)でやれたらなと思います」と次戦を見据えていた。