衆院議員元スタッフら4人逮捕 コロナ給付金を詐取容疑

有料会員記事

山下寛久、柏樹利弘
[PR]

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、愛知県警は21日、衆院議員事務所元スタッフで会社役員加藤裕容疑者(34)=名古屋市中村区=ら4人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。セミナーで「私ども自民党としましては、みなさんが持っていない情報を持っている」などと話し、不正受給を持ちかけていたという。

 ほかに逮捕されたのは、三重県鈴鹿市行政書士檀野真澄(71)、名古屋市中区の会社役員永井大貴(27)、高松市のアルバイト森本塁(21)の3容疑者。捜査2課によると、4人は共謀して昨年7月、森本容疑者の名義で国の持続化給付金100万円をだまし取った疑いがある。認否は明らかにしていない。

 自民党の熊田裕通議員(56)=衆院愛知1区=の事務所などによると、加藤容疑者は2019年10月ごろから約1年間、雇用関係のないボランティアスタッフとして事務所に出入り。熊田氏の名前入りの名刺を持ち、新規党員獲得や街頭演説の手伝いをした。昨秋ごろ、事務所側の聞き取りに不正受給への関与を否定したが、事務所の許可なくセミナーで給付金の説明をしたと認めたため、名刺を回収し出入りを禁じたという。

 関係者によると、加藤容疑者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。