光の魔法が彩る夢 ハウステンボスに11年ぶり新エリア

原口晋也
[PR]

 長崎県佐世保市ハウステンボスに、最新のデジタル技術を使った七つの屋内施設からなる新「光のファンタジアシティ」がオープンした。新エリアの誕生は11年ぶり。坂口克彦社長は「年代を問わずわくわくできる体験型施設です」と自信を見せた。

 新エリアは、既存の「スリラーシティ」を全面改装した。昨年3月にオープンする予定だったが、新型コロナウイルス感染症のため1年遅れとなった。

 七つの施設は、それぞれ宇宙・海・森・音などをテーマにしており、20日のオープンを前に、18日に報道陣に先行公開された。壁に近づけた手の動きに反応して壁に光が渦を巻いたり、カラフルなクラゲがポンと誕生したりするなど、映像との融合が特徴だ。

 「森のファンタジアカフェ」では、テーブルにグラスを置くと様々な花が咲き出し、「アートファンタジア」では、重厚なダンスオルガンが壁に映し出すプロジェクションマッピングと連動して男女のロマンスを表現する。光と遊んで体を動かす「アスレチックファンタジア」もある。(原口晋也)