同性婚、海外の司法判断 「認めない」から変わった潮流

有料会員記事

荒ちひろ
[PR]

 同性どうしの結婚ができないことの違憲性を問う一斉訴訟で、初めてとなる札幌地裁の判決は17日、「違憲」の判断を示した。海外では、同性婚を認める国が増えている。日本でも、認められるようになるのか。国内外の性的マイノリティーと家族に関する問題に詳しい京都産業大の渡辺泰彦教授(家族法)に聞いた。

 わたなべ・やすひこ  京都産業大学法学部教授。専門は民法(家族法)。共著に「性のあり方と多様性」「同性パートナーシップ制度」「親権法の比較研究」など。

 今回、司法が積極的に判断した影響は大きい。「0から1」の判断であり、「1から2」とは持つ意味が大きく異なる。

 南アフリカブラジル、米国…

この記事は有料会員記事です。残り903文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら