さだまさし、朝ドラ出演へ やっと主題歌…じゃなかった

土井恵里奈
[PR]

 次々回の朝ドラのキーマンはさだまさし――。主題歌の歌い手ではなく、役者としてドラマを盛り上げる。

 2021年度後期に始まるNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は、ラジオ英語講座を題材にした3世代100年のファミリーヒストリー。岡山、大阪、京都を舞台に上白石萌音、深津絵里、川栄李奈の3人が、祖母(上白石)、母(深津)、娘(川栄)を演じる。3人のヒロインは朝ドラ初。

 さだまさしの役は実在の人物。戦後まもなく始まったラジオ英語講座「カムカム英語」(通称)の人気講師で、「カムカムおじさん」と呼ばれた故・平川唯一(ただいち)だ。

 NHKによると、平川がラジオで英語講座を始めたのは敗戦からまもなく、国中が暗い空気に包まれていたころだった。

 「(ラジオを)聞いている人を元気づけようと語りかける平川さんを思い浮かべた時、さだまさしさんの姿が重なりました」と堀之内礼二郎・制作統括。コロナ禍のいま、希望を届ける名歌手に、100年の物語のキーパーソンを託すことにした。

 さだまさしは「連続テレビ小説からのお誘いと聞き、やっと主題歌が歌えるぞ、と期待したら大違い。驚きの出演でした」とコメント。

 「終戦直後の暗い時代を生きて日本を明るくするために頑張った平川さんのことを思う時、新型コロナウイルスに苦しんだ日本の未来を明るくするお手伝いができたら幸せです」としている。(土井恵里奈)