警官発砲、包丁持った男死亡 職務質問時の警告きかず

[PR]

 22日午前3時40分ごろ、富山市飯野の路上で、包丁を持って近づいてきた男に、富山中央署の巡査部長が拳銃を1発発砲した。男は胸を撃たれ、搬送先の病院で約1時間後に死亡した。警察官や近隣住民にけがはないという。

 富山県警の発表によると、死亡したのは近くに住む無職の男(38)。男の母親から「息子が暴れている」と相談を受けた近隣住民が110番通報した。

 巡査部長ら警察官2人が、自宅近くの路上で男を見つけ、職務質問しようとした際、男が包丁を手に「刺してやろうか」と言いながら向かってきたという。巡査部長が「包丁を捨てろ」「撃つぞ」などと警告したが、さらに近づいてきたため、約5・5メートルの距離で発砲したという。

 富山中央署の奥村武志副署長は「適正な職務執行だったと考えている」とコメントした。