南樺太の戦禍や生活、語り継ぎ73年 全国組織が解散へ

有料会員記事

片山健志
[PR]

 終戦まで約40年間、日本が統治した南樺太(現ロシア・サハリン)からの引き揚げ者らでつくる「全国樺太連盟」が3月末に解散し、73年の歴史に幕を閉じる。会員の平均年齢が84歳を超え、会員数も減少し、歴史を継承する取り組みが難しくなったのが理由だ。

 南樺太では1945年の終戦間際に参戦した旧ソ連との間で、8月15日以降も戦闘が続いた。真岡(現ホルムスク)では20日、旧ソ連の軍艦が迫る中、女性電話交換手9人が服毒自殺。22日には引き揚げ船3隻が北海道沖で相次いで潜水艦の攻撃を受け、約1700人が亡くなる「三船遭難事件」が起きた。

 全国樺太連盟は48年4月にできた。当初の課題は、現地に残された人の帰還促進や引き揚げ者の生活の援護。その後、三船遭難事件の合同慰霊碑建設などの慰霊事業のほか、樺太での生活や戦争体験を語り継ぐ活動をしてきた。

 一方、会員は94年度の約6300人をピークに減り、現在は960人余りに。高齢化も進み、活動の続行は困難だとして昨年、正式に解散を決めた。

 戦後に樺太・豊原(現ユジノサハリンスク)で生まれた常務理事の辻力さん(74)は「樺太史を残す努力を精いっぱいしてきたが、まだ足りないという思いは残っています」と話す。

遺骨発見まであと一歩のところで

 1945年8月22日、樺太の中心都市・豊原(現ユジノサハリンスク)は空襲に見舞われた。100人以上が亡くなったと言われるが、正確な人数を含む全容はわかっていない。犠牲者が埋葬された場所を探し、遺骨を見つけ出す――。全国樺太連盟は、そんな取り組みをしてきた。

 豊原出身の連盟会員で札幌市在住の郷土史家、尾形芳秀さん(83)は2017年10月、連盟北海道事務所長の森川利一(としいち)さん(91)とともにユジノサハリンスクに渡った。個人で十数年調べた豊原空襲の犠牲者の埋葬場所を大筋で突き止め、連盟の事業として掘り起こすことになったためだ。

 埋葬地と推定したのは、郊外にある精神科病院の西南側境界付近。事前の交渉で鉄柵の外側に限って探索が認められた。現地の団体に依頼して計7日間、2~3メートルの深さまでのボーリングを約200カ所、パワーショベルによる掘削を約70カ所で行ったが、遺骨は見つけられなかった。

 それでも収穫はあった。探索…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら