銃撃された組幹部宅を買い取りへ 尼崎市、安全優先

[PR]

 兵庫県尼崎市は22日、昨年11月に銃弾が撃ち込まれた暴力団幹部宅を1900万円で買い取ると発表した。特定抗争指定暴力団山口組と神戸山口組の対立を背景に、同市内では発砲・銃撃事件が相次ぐ。反社会勢力に公金をわたすことになるが、市は市民の安全が優先されると判断した。購入後に転売先を探す。

 組幹部宅があるのは、尼崎市南武庫之荘5丁目の住宅街。阪急神戸線武庫之荘駅の南西約700メートルで、近くには中学校や保育園もある。県警によると、山口組系の組幹部が暮らし、かつては組事務所として使われていたという。

 山口組と神戸山口組の対立抗争が激化し、尼崎市は昨年、暴力団対策法に基づき両団体の活動が規制される「警戒区域」になった。組事務所の使用は禁じられたが、幹部宅は規制の対象外。市は再び標的になる恐れがあるとしている。

 また、市によると、暴力団関係者の不動産をめぐっては、不動産業者が暴力団排除に取り組み、売買の仲介が難しくなっている。このため市が購入し、暴力団の追放につなげる狙いがあるという。

 市は買収費1900万円を盛り込んだ補正予算案を23日の市議会に提案する。市によると、組幹部は売却に応じる意向だという。

 組幹部宅では昨年11月18日、外壁と玄関ドアに少なくとも銃弾3発が撃ち込まれる事件があった。この約2週間前、同市内で神戸山口組の組幹部ら2人が銃撃されており、組幹部宅への発砲はこの報復とみられている。