第1回お金ないからナプキン買えない 生理の貧困「我慢する」

有料会員記事

中井なつみ、編集委員・秋山訓子
[PR]

 首都圏に住む大学生の女性は、ここ数カ月、生理用品を切り詰めている。

 「コロナでアルバイトが減って、数万円の収入がなくなった。何を減らそうかといったら、その一つがナプキンだった」

 生理痛が重く、鎮痛剤も買わざるをえないという。そのぶん、ナプキンは1日に何回も交換しないようにして節約している。

写真・図版
生理と貧困① デザイン・福宮千秋

 トイレに行けば、経血の汚れは気になる。そのたびに「我慢できる」と自分に言い聞かせて、しのぐ。

 初潮から閉経までの平均約35年、月経のある女性が避けては通れない、生理とのつきあい。だが、月に千円程度の生理用品を、経済的理由で満足に使えない「生理の貧困」が、若年層を含む多くの女性の間に確かに広がっている。

 「生理用品は、友達にもらったり、知らない人にもらったりしてきた」

 「生理が来たら、街で配っているティッシュを1パック使って、それでしのいでいた」

 生活が困難な若年女性の支援を続けてきた西日本の女性は、こんな声を多く聞いてきた。今も女性たちへの差し入れには、食品などとともに生理用品も入れている。

 「親に買ってもらえず、生理中に学校の保健室でもらっている子もいる。でも、そうした機会がない20代の女性などは、よりしんどい状況ではないか」とこの女性は言う。

 経済的理由で女性が生理用品の入手に苦しむ実態が民間の調査で明らかになりました。コロナ禍で困窮が広がる中、生理をめぐる動きをリポートする連載です。

「5人に1人が苦労」

 生理用品に関するアンケート…

この記事は有料会員記事です。残り1993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。