大崎エース、序盤から制球難「球に力をつけ、夏は勝つ」

[PR]

(22日、選抜高校野球 福岡大大濠2-1大崎)

 大崎のエース坂本安司(あんじ)は序盤から制球に苦しんだ。二回に許した先制点には四球と暴投が絡んだ。尻上がりに調子を上げ、七回には適時打も放ったが、表情は晴れず。「冬にやってきたことができなくて悔しい。球に力をつけ、夏は勝ちたい」。チームの柱。春夏通じて初めてとなった甲子園で得た教訓を生かしたい。