人生は二律背反の泣き笑い おちょやん主題歌の秦基博

有料会員記事

定塚遼
[PR]

 毎朝8時、テレビから自分の歌声が流れてくる。最初はどきっとしたが、最近はすっかり慣れきって「おちょやんの曲だ」としか思わなくなったと、秦基博(はたもとひろ)は語る。NHK連続テレビ小説の主題歌「泣き笑いのエピソード」を歌う秦は、心の中にある相反する感情を歌にしたという。

写真・図版
秦基博さん=慎芝賢撮影

 ライブハウスで弾き語りをしていてスカウトされ、デビューしてから今年で15周年を迎える。オリコンで1年2カ月にわたりチャートインし続けたロングヒット「ひまわりの約束」(2014年)など、いくつもヒット曲を持つ秦だが、「曲を書くのは毎回苦しい」と語る。「頭の中のイメージに最終的に帰結させる歌詞の作業には特に苦労するので、楽しいなんて思う余裕はない。喜びに変わるのは最後の最後です」

 15周年を前に、長年力を注…

この記事は有料会員記事です。残り631文字有料会員になると続きをお読みいただけます。