「お嬢ちゃんお店作るの?」 男性中心を越えた先の起業

有料会員記事

聞き手・田幸香純
[PR]

 ITベンチャー、グルーヴノーツ(福岡市)の会長佐々木久美子さん(48)は企業経営とともに、ITを使った学童保育の運営にも力を注ぐ。10年前の起業で感じた「女性だから」という視線。どう乗り越え、会社や事業の成長につなげていったのか聞いた。

 ――起業のきっかけは。

 「東日本大震災だった。転職希望の東京の企業と面接する直前に起き、東京行きをあきらめた。福岡で新たな就職先を探すより、自分が持つプログラミング技術で仕事したいと思っていたこともあり、起業にチャレンジしようと考えた」

 ――起業時には女性として「壁」を感じた、と。

 「創業の助成金の説明を受け…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]