20歳の挑戦、ドライバー角田裕毅がF1デビューへ

有料会員記事

有吉正徳
[PR]

 自動車F1シリーズは、28日決勝のバーレーン・グランプリ(GP)で2021年シーズンが開幕する。アルファタウリ・ホンダから参戦する新人の角田裕毅(つのだゆうき)(20)は、14日まで行われた合同テストで2番手の好タイムを出すなど、1年目から楽しみな若手だ。日本人ドライバーがF1に参戦するのは7年ぶりになる。

 合同テストを終えた角田は17日にオンラインで記者会見した。「テストでもトップ3になれたのはうれしい」とし、「自分の走りに集中することができた」と3日間のテストを振り返った。今季は10チームから2台ずつ、20人のドライバーがF1シリーズに挑む。

 神奈川県出身。4歳からカー…

この記事は有料会員記事です。残り372文字有料会員になると続きをお読みいただけます。