ウイグル人権侵害、EUが中国を制裁へ 天安門事件以来

有料会員記事

ブリュッセル=青田秀樹、北京=高田正幸
[PR]

 欧州連合(EU)は22日、中国でウイグル族に対して深刻な人権侵害が続いているとして、中国当局者らへの制裁を発動した。中国政府や当局者の責任を問う制裁は1989年の天安門事件以来となる。中国側は即座に反発し、対抗措置をとると表明した。

 EU加盟国の代表者会議が中国への制裁で一致したことを踏まえ、22日に正式な手続きをとった。発表によると、対象は中国共産党の地元党委員会幹部ら4人と、ウイグル族の人たちらの「収容施設」を管理する公安当局の組織で、EUへの渡航禁止やEU域内の資産の凍結を科した。

 EUは、中国の新疆ウイグル自治区信教の自由が侵害され、政治的な「再教育」がなされていると批判し、中国の習近平(シーチンピン)国家主席らとの会談の場でも「深い懸念」を表明してきた。

 EUはこれまでにも、サイバ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。