自転車業界の「ユニクロ」、大阪発祥「あさひ」が快走中

有料会員記事

森田岳穂 聞き手・森田岳穂
[PR]

 「自転車業界のユニクロ」とも称される大阪発祥のチェーン店がある。郊外を中心に大型店を構える「サイクルベース あさひ」。約30年前に1号店を出し、いまでは全国500店に迫る。日本で自転車を買う人の3~4人に1人があさひから買っているともいわれる。ブレーキ知らずの成長の秘密に迫った。

記事後半では、あさひの下田佳史社長に今後の戦略を聞いています。

ユニークなPBがずらり

 第1号店は大阪・寝屋川にある。国道170号沿いにある旗艦店のひとつをのぞくと、いわゆる「ママチャリ」から本格的なスポーツタイプまで、色とりどりの自転車がずらり。とりわけ目を引くのが、あさひが企画・製造したプライベートブランド(PB)だ。

 PBといっても、安くて無難なデザインのものばかりではない。有名メーカーとのコラボ製品や10万円を超す電動アシスト機能付きをはじめ、災害時やアウトドア用に荷車を取りつけられる「エマージェンシーバイク」といったものまである。あさひの売り上げの半分は、このPBが占める。

 人気の秘密は、店に寄せられ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら