俺だって…「横綱」「婚約中」 支度部屋で聞いたホンネ

有料会員記事

竹園隆浩
[PR]

 力士の本分は土俵上での勝負。だが、その勝負の後のコメントにも味わいがある。大相撲春場所を見ながら、過去に支度部屋で聞いた印象深い二つの「俺だって」を思い出した。

 まずは、1988年九州場所千秋楽。結びの一番は前日14日目に全勝で4場所連続26度目の優勝を飾っていた千代の富士と、大乃国との横綱決戦だった。

横綱に求められるものとは。相撲取材歴23年の竹園隆浩記者が、ポッドキャストで語ります。

Apple Podcasts や Spotify ではポッドキャストを毎日配信しています。音声プレーヤー右上の「i」の右にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

 この時の千代の富士は名古屋、秋場所を全勝優勝し、連勝を「53」に伸ばしていた。計算上は千秋楽も勝ち、翌年初場所も15日間勝ち続ければ、不滅と言われた双葉山の69連勝に並ぶ。博多は千代の富士フィーバーに沸いていた。

 一方の大乃国は、横綱昇進7…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら