米英、カナダが対中制裁発動「ウイグル抑圧すぐ停止を」

有料会員記事

ワシントン=大島隆、ニューヨーク=藤原学思、シドニー=小暮哲夫
[PR]

 米国、英国、カナダは22日、新疆ウイグル自治区の少数民族に対する人権侵害を理由に、中国当局者らへの制裁を発動した。欧州連合(EU)も同日制裁を発表しており、欧米諸国が共同歩調を取って中国に圧力をかける。

 EUは22日、中国共産党の地元党委員会幹部ら4人と、ウイグル族らの「収容施設」を管理する公安当局の組織を対象に、資産凍結などを科す制裁を発表。3カ国も同じ内容の制裁を同日発表した。

 米英加の3カ国は外相名で発表した共同声明で「EUと歩調を合わせた今回の措置は、新疆における人権侵害に関する明確なメッセージだ。我々は結束して、ウイグル族など少数民族への抑圧をすぐに停止するよう中国政府に要求する」とした。

 米国務省のポーター副報道官…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら