銚子電鉄、最終赤字4千万円に ネット売り上げ3倍でも

高木潔
[PR]

 千葉県銚子市銚子電鉄は、2021年3月期決算が3965万円の最終赤字になるとの見通しを公表した。コロナ禍による2度の緊急事態宣言で鉄道利用が激減し、ネットによる菓子・物品販売は好調だったものの、補いきれなかった。

 19日に同市で開かれた、市や市観光協会、市旅館ホテル組合などで構成する「銚子電鉄運行支援連絡会議」の中で、同社の竹本勝紀社長が明らかにした。

 鉄道部門は、最初の緊急事態宣言下にあった昨年5月の大型連休期間、乗客数が前年同期比でマイナス95・8%と激減。4~6月期で約5千万円の赤字となった。一方、鉄道の減収を補うために品数を増やすなどして注力したネットでの物品販売は、4~6月期だけで19年の年間売り上げの3倍に相当する約3千万円を売り上げ、その後も好調に推移した。

 同社は鉄道部門の赤字の3分の2を国・県・市の補助金で穴埋めしたうえで、物品販売の利益を投じて黒字をめざす経営構造だが、今期は鉄道部門の赤字拡大で、最終赤字は前年度の1979万円の赤字から約2千万円膨らむ見通しだ。

 また、資金不足のため更新を先延ばししてきた鉄道の変電設備に対し、国による補助金が認められ、約40年ぶりに一新することも会議で報告された。(高木潔)