千葉・小3女児殺害、二審も無期 元保護者会長に判決

阿部峻介
[PR]

 千葉県松戸市の市立小3年の女児(当時9)が2017年に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長・渋谷恭正被告(49)の控訴審判決が23日、東京高裁(平木正洋裁判長)であった。高裁は無期懲役とした一審判決を支持し、検察・弁護側の双方の控訴を退けた。

 被告は17年3月、登校中の女児を自身の車で連れ去り、首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市に遺棄したとして起訴された。一審・千葉地裁裁判員裁判は、被告の車が事件当日に遺棄現場近くの監視カメラに映り、遺体の付着物から被告のDNAが検出されたなどとして犯人と認定。ただ計画的な殺人ではなかったとして、検察の求める死刑にはしなかった。

 控訴審では弁護人が代わり、県警が鑑定資料としてマンションごみ置き場から被告のたばこの吸い殻を無断で持ち去った点の違法性も争点になった。弁護側は「住居侵入罪にあたる」として、将来の違法捜査をなくすためDNA鑑定を証拠から排除するよう主張。高裁はごみ置き場への立ち入りには令状が必要で「捜査は違法」としたうえで、「令状主義を没却するような重大な違法ではない」として証拠能力を認めた。(阿部峻介)