河井克行被告が議員辞職を表明 法廷で一転、買収認める

松島研人、新屋絵理
[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、計100人に計約2900万円を渡したとして公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相で衆院議員・河井克行被告(58)=自民党を離党=の被告人質問が23日、東京地裁で始まった。無罪主張から一転して地元議員や首長ら大半への買収を認め、議員辞職する意向も表明した。

 克行議員は「すべてが買収目的ではないが、全般的に買収罪という事実は争わない」と述べたうえで、「民主主義の根幹である選挙の信頼を損なった。全ての責任は私のみにある」と辞職する考えを示した。

 克行議員が認めたのは、地元議員や首長、後援会関係者への買収行為。妻の案里氏(47)=有罪確定で参院議員を失職=との共謀と、一部の陣営関係者や議員らへの買収は否定した。具体的な人数は明言しなかったが、約90人に対する計約2300万円を買収行為と認めたとみられる。

 買収の動機については「案里の当選を得たいという気持ちが全くなかったとは言えない」と説明。無罪主張を変えた理由は「独房で自問自答を繰り返し、逃げることなく認めることが、支えてもらった支持者への責任の取り方だと考えるに至った」とした。

 選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」にあたるかも争点だが、「その評価をされるのは致し方ない」と明確に否定しなかった。

 昨年8月の初公判で克行議員は、現金は「(地方選の)当選祝い」などと無罪を主張。その後の公判で、被買収側100人中94人は、検察側の主張に沿う形で授受の違法性を認めた。

 克行議員は当選7回。19年9月に法相となったが、案里氏陣営の公選法違反疑惑が明らかになった同年10月に辞任。20年6月に案里氏とともに逮捕された。

 衆院議員は10月21日に任期満了を迎える。この場合、公選法の規定では今月16日以降に欠員が出た場合の補選は行われない。(松島研人、新屋絵理)