変化模索する児童養護施設 子どもとの時間どう確保

[PR]

 児童養護施設で長く働いています。子どもたちや、その親が抱える課題は時代とともに変わっています。昔は非行や不登校、今は虐待やドメスティックバイオレンス(DV)です。

児童養護施設で働く40代男性

 背景にある社会問題を、私たちも常に学んでいかないといけない。より家庭環境に近づけようと、小規模化を目指したり、職員が調理なども担ったり、私たちも変化を続けています。

 ただ、最も重要なのは、子どもと向き合ったり、一緒に過ごしたりする時間。その時間を、どう確保し続けるかが課題です。(東海地方、40代男性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎です。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。