克行氏の辞職表明「当然。罪は償うべき」 自民総務会長

[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、公職選挙法違反の罪に問われた元法相で衆院議員・河井克行被告(58)が、東京地裁の法廷で一転して買収を認め、衆院議員を辞職する意向を表明したことについて、自民党佐藤勉総務会長は23日午前の記者会見で「当然のことではないか。(河井氏が)したことに対しての罪は償うべきだ」と述べた。

 自民党への影響については「まったくないとは言えない」と指摘。「しっかりと(事実を)解明して頂いて、少なくとも党への影響がなかったという結果が出れば、それにこしたことはない」と述べるにとどめた。