県岐阜商の捕手・高木、最後に痛打「勝ちきれず悔しい」

[PR]

(23日、選抜高校野球 市和歌山1-0県岐阜商)

 今大会注目捕手の一人だった県岐阜商の高木。左の野崎、右の松野と2投手を好リードしたが、最後の最後に痛打された。4番打者としても、好右腕の小園に1安打に抑えられた。「課題だった攻める投球はできたが、勝ちきれなかったことが一番悔しい。夏に戻ってきたい」と話した。