新興アパレル、店を倍増 創業者、愛用ブランドに幻滅

有料会員記事

佐藤亜季
[PR]

 アパレル大手の大量閉店が続くなか、空いた百貨店内を中心に出店を急ぐ新興アパレルがある。創業10年の「kay(ケイ) me(ミー)」だ。業界で長く一般的だったビジネスモデルとは正反対のやり方で、ファンを増やしている。

 大量の商品を仕入れ、百貨店を中心に「いい値段」で販売。残りはセールで処分する。そんなビジネスモデルは、国内市場が伸びた1980年代まではうまく回った。

 しかし、働き手世代が減り始めた90年代後半からは悪循環が目立つ。大量の在庫をセールでさばき、消費者の不信を招いた。

 東京・銀座に本社がある「kay me」は、そんなビジネスモデルの逆をいく。

 シーズン前に顧客の好みをオ…

この記事は有料会員記事です。残り1007文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら