162球目、悔やまれる一投 でも「成長を見せられた」

[PR]

(23日、選抜高校野球 広島新庄1-0上田西)

 延長十二回2死一塁、上田西の山口謙作が投じた162球目は得意のスライダー。狙ったコースより内側に入ってしまった。「悔しかった」。打球は右翼手の頭を越えるサヨナラ二塁打に。本塁の後ろで両ひざに手をつき、うなだれた。それでも充実感も残った。「昨秋は打線が頑張ってくれた。自分が成長したところを見せられて良かった」

     ◇

 ●柳沢(上) 主将は「打てなくて本当に悔しい。好投した山口には、粘り強く投げてくれてありがとう、決められなくて申し訳ないと言いたい」。