「案里や支持者に泥を塗る」克行被告、否認した理由語る

有料会員記事河井夫妻の公選法違反事件

松島研人、三浦淳 新屋絵理
[PR]

 「衆院議員を辞することと致しました」

 東京地裁の103号法廷。左胸に議員バッジを着けた河井克行議員は、弁護人から進退を尋ねられると10秒ほど沈黙した後、そう述べた。

 克行議員は23日の被告人質問で、起訴内容とされた100人への計約2900万円の現金提供の大半について、買収行為を認めた。

 昨年8月の初公判時に否認した理由を「全ての行為が買収と断じられるのは、政治家として受け入れられなかった」と説明。「(妻の)案里や支持者に泥を塗るのではないか」と考え、潔白を訴えたという。

 ただ、46回に及んだこれまでの公判では、克行議員にとって不利な証言ばかりが並んだ。

 証言台に立った地元議員や首長らは、現金受領の違法性を認識していたと次々と認めた。「無理やり押しつけられたので仕方なく受け取った」「国会議員なので断れなかった」――。100人のうち94人が現金の趣旨は買収だったと明かした。「買収目的ではない」との無罪主張は、窮地に追い込まれていた。

 主張を一転させたのは、そう…

この記事は有料会員記事です。残り620文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら