リトグリと高校生、復興祈るハーモニー リモートで共演

大塚晶、恵藤公浩
[PR]

 東日本大震災からの復興を後押しする「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」(主催・三菱商事、朝日新聞社、福島放送)が23日に開かれ、オンラインで配信された。ボーカルグループ「Little Glee Monster(リトルグリーモンスター)」が出演し、事前に合唱を収録した福島県郡山市の高校5校の計104人とともにハーモニーを響かせた。

 音楽祭は福島、宮城、岩手の3県いずれかを会場にして2014年から開かれてきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止。今年は高校生の合唱を2月に収録し、本番は無観客の配信イベントとなった。

 この日は高校生の合唱を配信した後、東京都中野区の会場からリトグリがライブで「世界はあなたに笑いかけている」など6曲を披露。最後に、収録した高校生の歌声に合わせてリトグリが生で「明日へ」「好きだ。」を歌い、リモートで共演した。

 郡山市の福島放送本社で配信を見ていた各校代表の生徒は、リトグリに「福島で行きたいところは?」「一番緊張したステージは?」などとリモートで尋ねた。安積高の先崎真知さん(2年)は「リモートでの合唱だったが、離れていても音楽を一緒に作れると感じ、感動した」と語った。(大塚晶、恵藤公浩)