黒木瞳さんが聖火ランナー辞退 沿道に観衆、感染を心配

[PR]

 俳優の黒木瞳さんが東京五輪聖火ランナーを辞退していたことがわかった。福岡県によると、新型コロナウイルス感染防止をめぐり、沿道に観衆が集まることを黒木さん側が心配したためという。

 黒木さんは5月に福岡県内を走る予定だった。県によると、3月に入り、所属事務所から辞退の申し出があったという。県は慰留したが折り合わず、22日に正式に辞退が決まった。

 黒木さんは福岡県八女市出身。県実行委員会が推薦し、2019年12月に走者の内定が発表された。