処理済み汚染水、IAEAが処分方法の安全性評価へ

桜井林太郎
[PR]

 東京電力福島第一原発にたまる処理済み汚染水について、梶山弘志経済産業相は23日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会談をした。政府が処分方法の基本方針を決めた時に、IAEAが科学的に評価し、安全性を国際社会に発信するよう協力を要請した。グロッシ氏は「全面的に協力する」とした。

 汚染水は多核種除去設備(ALPS〈アルプス〉)などで処理され、敷地内のタンクにためられている。政府が海洋放出処分の方針決定に向け、最終調整を続けている。

 梶山氏は会談で「アルプス処理水の安全性の懸念や風評の心配をいかに払拭(ふっしょく)するかが極めて重要な課題」と述べた。処分方法の適正さなどをIAEAの安全基準をもとに確認し、状況を継続的にチェックしてもらう。政府や東電が取り組む環境モニタリングの支援も求めた。(桜井林太郎)