呉座勇一氏、大河ドラマ時代考証を降板 SNS巡り引責

[PR]

 NHKは23日、来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証を担当する一人、国際日本文化研究センター助教の呉座勇一氏が降板したと発表した。

 NHKによると、呉座氏は自身のツイッターでの投稿内容の一部が不適切だったとして、責任を取って降板したいと申し出たという。制作側は、事実関係を確認して降板を了承した。

 呉座氏は、女性研究者らを中傷する投稿をしていたとして、ツイッター上で謝罪していた。当初、呉座氏は限られた人が閲覧できる設定で投稿していた。SNS上では「女性蔑視だ」「ハラスメントだ」などと批判の声が上がっていた。

 呉座氏は、ベストセラー「応仁の乱」で知られる日本中世史が専門の歴史学者。「鎌倉殿の13人」は三谷幸喜さんが脚本を担当し、鎌倉幕府の2代執権北条義時を描く。主演の義時を小栗旬さんが演じる。