心の危機は誰にでも起こる #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

[PR]

 心の危機は誰にでも起こる。(日本自殺予防学会理事の阪中順子さん)

#コロナを生きる言葉集

 「死にたい。消えたい。そんな気持ちを分かろうとすることができる人になってください」。2月、阪中さんは兵庫県三田市の公立中学校で、「心の危機にどう向き合うか」をテーマに授業した。

 文部科学省の分析では、長期休校などがあった2020年には、自ら命を絶った小中学生や高校生が大幅に増加した。阪中さんは、小説「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングさんら著名人もストレスから精神的に不安定な時期があったことを紹介し、「心の危機は誰にでも起こる」と注意を呼びかけた。

 自分の周りの人が心の危機に陥った時、どうすればいいのか。阪中さんは「きちんと話を聞いて、相手の気持ちを分かろうとすることが一番大事」と話した。不安や悩みを打ち明けられるような信頼できる大人と子どもがつながることを求めた。

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]