英ハリー王子、シリコンバレーで「インパクト責任者」に

ロンドン=和気真也
[PR]

 英王室のハリー王子が、米シリコンバレー新興企業「ベターアップ」の「最高インパクト責任者」(CIO)に就任した。同社が23日、自社サイトで発表した。ハリー王子は昨年3月末に英王室の公務から引退し、現在はメーガン妃ら家族と米国で暮らす。ベンチャー幹部として新たな道を歩み出したことは、話題を呼びそうだ。

 ベターアップのサイトによると、同社は企業に、社員のメンタルヘルス向上のための助言やカウンセリングのサービスを提供している。ハリー王子には、メンタルヘルスと職場環境の重要性を社会に認知させる役割を期待しているという。

 ハリー王子は、これまでもチャリティー活動などを通じてメンタルヘルスの問題に取り組んできた。同社サイトでの就任報告の中で「人生を通じて痛みを意志に変える力を学んだ」とし、「私の目標は、メンタルヘルスに関する重要な対話を喚起し、理解と思いやりがある社会で、率直で繊細な会話ができる環境を育むこと」と記した。(ロンドン=和気真也)